English Français Español Deutsch Italiano Português 日本語 Русский Nederlands العربية Norsk Dansk Svenska 한국어 Suomi עברית Türkçe Polski Čeština Ελληνικά Hrvatski Română Magyar

RC ドローン YiZHAN Yizhan i8H 4CH 6軸 2.4G カメラ付き ラジコン・クアッドコプター LED照明 ワンキーリターン アクセスリアルタイム映像 ホバー 電池残量不足通知 カメラ付き ラジコン・クアッドコプター リモコン USB ケーブル 1 #05477725

RC ドローン YiZHAN Yizhan i8H 4CH 6軸 2.4G カメラ付き ラジコン・クアッドコプター LED照明 ワンキーリターン アクセスリアルタイム映像 ホバー 電池残量不足通知 カメラ付き ラジコン・クアッドコプター リモコン USB ケーブル 1
$ 79.99
全てのご注文に追加 1% キャッシュ・リワード をプレゼント
  • Transmitter Option
    Mode 2 (Left Throttle Hand)
  • Power Adapter
    EU アダプター 私たちのアダプター
  • モード
    0.3MPカメラ付き

配送先

処理時間: 商品確定決定時よりの起算となります。
配送時間: 特急便 3-4 営業日

商品詳細

支払方法

特長

1.
機能: ワンキーリターン LEDライト カメラ付き ホバー アクセスリアルタイム映像

制限:

プロモーション・リワードのご利用はできません

商品詳細

モデル Yizhan i8H,
チャンネル番号 4CH,
ジャイロ 6軸,
リモートコントローラバッテリ 4×のAA,
無線システム 2.4G,
内蔵カメラ カメラ付き,
カメラの解像度 30W,
IOS&Androidシステム制御 Android, IOS,
ボディ用のバッテリー -,
リモートコントロール距離 (m) 200,
飛行時間 (min) 8,
重量 (kg) 1.4,
発送重量 (kg) 1.7,
機能 ワンキーリターン, LEDライト, カメラ付き, 電池残量不足通知, ホバー, アクセスリアルタイム映像,
パッケージ内容 ドライバー, ランディングレッグ, 取扱説明書, ブレード, 1 ドローン用バッテリー, リモコン, ラジコン・クアッドコプター, USB ケーブル,
上場日 12/07/2016,

画像

FAQs


  • Q:ラジコン・トランスミッタとは?
  • A:ラジコントランスミッタとは、ラジコン機器とレシーバーをラジコン回路でで結び、特定周波数で交信・操縦を可能にする機器のことです。一般的に、操縦者によって操作されることが多く、通常数種類のモードを内蔵しています。当ラジコンには「モード1」、「モード2」2種類のオプションを用意しています。

  • モード1:日本で主流となっているのはこちらのモードで、「右スロットル」と呼ばれることもあります。トランスミッタ右側にスロットルボランがあり、左側ボタンで方向操作を行います。

  • モード2:アメリカで主流となっているのはこちらのモードで、「左スロットル」と呼ばれることもあります。トランスミッタ左側にスロットルボランがあり、右側ボタンで方向操作を行います。

  • 特別に記載のない場合は「モード2」のトランスミッタとなります。
  • Q:ブレードが回転しているのに、クアッドコプター本体でのフリップ/ローテーション/テイクオフができません。
  • A:1. バッテリー残量の不足の可能性があります。充電後、再度実施してみてください。 2.ブレードが確実に取り付けられているかどうかを確認してみて下さい。

  • Q:ブレード中に回転しないものがあります。
  • A:1.ブレードが確実に取り付けられているか、またしっかりと締め付けられているか確認して下さい。 2.クアッドコプター本体を操作できる状態にして、正常に動作していないブレードを特定して下さい。 3.ブレードの回転を停止させ、回転していなかったブレードを取り外して下さい。 4.再度モーターを回転させ、取り外したブレードのあったモーターの回転軸が正常に回転しているかどうかを確認して下さい。 5.回転軸が回転していないようであれば、モーターを停止後本体カバーを外し、コネクターの接続、断線の有無を確認して下さい。 6.接続不良箇所を復旧後、上記手順2.にて回転軸が回転していることを確認して下さい。

  • Q:クアッドコプター - 送信機のバインド方法を教えて下さい?
  • A:1.クアッドコプター本体の電源をオンにして下さい。 2.本体を水平な状態に置き送信機の電源を入れて下さい。 3.左スロットルレバーを上端まで持ち上げた後、最下端まで押し下げて下さい。 4.ペアリング終了は発信音・インジケーターランプ双方で確認が可能です。が完了します。周波数調整が完了すると、発信音(ビー音)が止まりインジケーターランプが点滅状態からオン状態へと変わります。

  • Q:クアッドコプターのインジケーターランプが点滅したままなのですが、異常はありませんか?
  • A:1.クアッドコプター本体が送信機と確実にバインド(ペアリング)されていない可能性が考えられます。取扱説明書を参照して周波数の再設定を実施して下さい。 2.電池の残量不足の可能性が考えられます。再充電するか十分な残量のある電池と交換して下さい。

  • Q:特定のブレードだけ回転速度が遅いのですが、考えられる原因を教えて下さい。
  • A:1.ブレード取り付けに緩みがないか確認して下さい。 2.トリムボタンで調整してみてください。 3.クアッドコプター本体を水平な場所に置き、周波数の再設定を実施してみてください。 4,ジャイロコプターを調整してみて下さい。

  • Q:前進/逆行それぞれに使われるブレードの見分け方を教えて下さい。
  • A:A,、R、AR等と表記のあるものが前進用、Bと表記のあるものが逆行用となります。 対角線上に位置する各ブレードが同じ表記のものとなります。操作前に各ブレードの表記を確認しておくことをおすすめ致します。

  • Q:前進/逆行それぞれに使われるモーターの見分け方を教えて下さい。
  • A:ケーブル色、モーターに貼られているステッカー2つから見分けることができます。赤・青のケーブルが接続されているモーターは前進用モーターです。一方逆行用モーターには黒・白のケーブルが使用されています。対角線上に位置するモーターに同色のケーブルが接続されています。《CW》と表記のあるステッカーの貼られているモーターが前進用、《CCW》と表記のあるものは逆行用となります。

  • Q:送信機が正常に動作しないのですが、考えられる原因を教えて下さい。
  • A:クアッドコプターが操作できないトラブルの原因は、通常送信機-クアッドコプター間の通信障害にあります。まずはバッテリーの装着具合を確認して下さい。所定の位置にきちんと装填されていない場合は修正して下さい、次にバッテリー残量の確認をして、残量不足の場合は再充電もしくは十分な容量のあるものに交換を実施して下さい。

  • Q:バッテリー中、他の物より電圧の低いものがあるのですが問題はないでしょうか?
  • A:各バッテリーには個体差があり、その上あらゆる環境の影響を受けてしまいます。全く同等状態のバッテリーというものは存在しません。通常、操作に伴う大電流の放出によりバッテリー間に電圧差が生じます。偏りが発生の原因としてバッテリー間の接触不良が考えられます。この場合バランスチャージモードで充電することで改善する場合があります。

最近チェックした商品

著作権侵害を報告

著作権侵害を報告

送信が完了しました!

ご報告頂きありがとうございます。早急に処理手続きを致します。

BTest